家庭全般

状況に合わせた夫婦の呼び方が大切!呼び方のマナーを知っておこう!

初めて出会ったとき。

付き合い始めたとき。

結婚をしたとき。

子どもが産まれたとき。

 

その時々で、自分のパートナーの呼び方は変わってきたと思います。

 

結婚すると、周りの目もあるので、あまり変な呼び方はできなくなりますね。

 

「呼び方なんて、お互いがよければいいんじゃないの?」

 

そう思う人もいるかもしれませんが、呼び方ひとつで、

「常識がない人!」

と思われてしまうこともあります。

自分だけならいいですが、家族までそういう目で見られると嫌ですよね。

 

今回は、夫婦の呼び方について考えていきます。

私の周りに見られる夫婦の呼び方

我が家の場合

我が家では、結婚する前からの呼び方をそのまま使っています。

妻→夫 「〇〇くん」

夫→妻 「〇〇さん」

という呼び方ですね。

 

出会ったときは、お互いを苗字で呼んでいましたが、付き合い出してからは下の名前で呼ぶようになりました。

結婚してからも、特に変更することなく、くん付け、さん付けで呼んでいます。

 

呼び捨てにしようかという話もでましたが、

「相手への敬意を忘れたくない」

ということで、くん付け、さん付けは継続することになりました。

友人の場合

私よりも少し先に結婚した友人夫婦は、結婚するまではあだ名で呼びあっていました。

結婚をすることが決まったころから、お互いに下の名前を呼び捨てにするようになっていました。

この形が、周囲には一番多いように感じます。

 

「あっちゃん、たーくん、よっしー、ちーちゃん」

といったように、名前を少し変化させた呼び名の夫婦もそれなりにいます。

 

子どもが産まれた夫婦だと徐々に、

「パパ」

「ママ」

と呼ぶようになっていっているようです。

とある親戚の家では

私の親戚では、

妻→夫 「殿」

夫→妻 「姫」 

と呼んでいます。

 

私が子どものときから、今でもずっと変わらずそう呼んでいます。

ずっとその呼び方を聞いているので特に違和感を覚えませんでしたが、割とめずらしい呼び方なのかなとも思います。

ちなみにその親戚の子どもは二人のことを、

「お父さん、お母さん」

と呼んでいたので、子どもには、そう呼ぶようにきちんと教育していたのだと思います。

 

二人でいる場面においては、お互いの呼びやすい呼び方親しみやすい呼び方でいいと思います。

ただし、親戚の前や職場の人の前では、呼び方を考えなければいけません。

場面に応じて呼び方を変えよう

お互いの両親や親戚の前では

義理の両親の前や、お互いの親戚の前では、二人だけの呼び方はやめた方が無難です。

基本的には、お互いの名前にさん付けをおすすめします。

これが自分の両親の前でも同様です。

 

ただし、お互いの実家への行き来が多いなどして、仲が深まっているのであれば、いつも通りの呼び方でも大丈夫だと思います。

けじめをつける必要がありますが、その時点での関係性次第です。

職場の人の前などの公の場では

職場であったり、友人・同僚の前、パパ友・ママ友の前だったりすると、いつもの呼び方というわけにはいきません。

「夫」「妻」が基本

基本的には、「夫」「妻」といった呼び方が妥当だと思います。

職場の人の前で、妻のことをあだ名で呼んだり、名前で呼んだりする人は少ないですよね。

もし呼んでいる人がいたとしても少し違和感を覚えるはずです。

 

年配の上司であれば、奥様のことを「家内」という呼び方をすることもあります。

 

「奥さん」や「嫁」はどうなのか

「うちの奥さんが」

「うちの嫁が」

という呼び方をする人はかなり多いように感じます。

でもこの呼び方は正しくはないんですね。

 

「奥さん」とは、そもそも他人の妻を指すときの呼び方です。

ですので、

「先輩の奥さんきれいですね!」

という使い方であれば問題ありません。逆に、

「先輩の妻はきれいですね!」

とは言わないですよね。

 

同様に、「嫁」も自分の妻を指す言葉ではありません。

「嫁」は、自分の息子の妻を言います。

つい、

「うちの嫁はさー」

と嫁自慢をしたくなりますが、それも間違いなんですね。

親しい友人との間であれば問題ないかもしれませんが、上司や先輩の前では正しく仕えたほうがいいかと思います。

終わりに

簡単ですが、夫婦の呼び方について紹介してきました。

お互いの間だけであればどのような呼び方でもいいと思います。

でも、他の人がいる場面では、その場にあった呼び方を意識していきましょう。

 

子どもが産まれると、お互いを、「パパ」「ママ」と呼ぶことも多くなると思います。

個人的には、そんなときでも、二人のときは、二人だけの呼び方をしてみるといいなと感じます。

 

たかが呼び方、されど呼び方。

「おい」とか「お前」なんて呼ばれ方は嬉しくないですよね。

夫婦でお互いをどう呼ぶかは、その時々で変化していくと思いますが、お互いを思いやれる呼び方をして、長い人生を夫婦で仲良く過ごせればいいなと思います。