家庭

家族会議のすすめ~円満な家庭の作り方・家族会議のやり方~

みなさんの家では家族会議をしていますか。

「相談をすることはあっても改めて家族会議はしたことがない」

そんな家庭が多いかと思います。

 

それではもったいない!

家族会議はこんなにいいものだよということを紹介していきます。

 

家族会議を始めたきっかけ

家族会議のきっかけは、ずばり「逃げるは恥だが役に立つ」

 

2016年に放送されたTBSドラマです。

星野源さんと新垣結衣さん主演のドラマで、逃げ恥ダンスも有名ですね。

 

当時、私たちは結婚を控えていて話し合うことが山積みでした。

結婚するまでは一緒に暮らしていなかったので、会ったときに、

「そういえばあれどうしよっか?」

という具合に思いついたことを話していた気がします。

 

そんな調子だから、

「結局どうするんだったけ?」

ということもあり、ときにはそれが原因でけんかをすることも。

 

ちょうどその頃、放送されていた逃げ恥の中でCEO会議なるものが開かれていました。

星野源さんと新垣結衣さんが議題を出して、今後の展望について真剣に議論をしているのを見て、

「これだー!」

と思いすぐに採用。

 

大学ノートとペンを用意して、家族会議を開催することになりました。

 

※ちなみにCEOとは、Chief Executive Officerの略で、一般的に最高経営責任者というそうです。

 

家族会議のメリット

①家族の絆が深まる(コミュニケーションの時間が増える)

②一人一人の責任感が強くなる

③トラブルを事前に回避することができる

④記録を取ることで言った言わないを減らせる

⑤後で振り返るといい思い出になる

 

思いつくだけでもこれくらいはあります。

家族の絆が深まる

お互いの考えていることをきちんと言葉にすることで、相手への理解が深まります。

遠慮をしていることもあるでしょうし、言いづらいことを伝えるきっかけにも。

 

単純に一緒にいる時間が増えることにもつながります。

夫婦だけのときでさえ、気づくと夫はテレビゲーム、妻はスマホをぽちぽちなんてことも。

 

子どもができて余裕がなくなってくると、きちんと話をする時間はもっと減ります。

子どもも、小さいときは、言わなくても親の側に来てくれますが、大きくなると

「最近、会話が減ったかなー。」

ということもありうるでしょう。

一緒にいる時間を共有する一つの手段になります。

一人一人の責任感が強くなる

議題に対して、自分の主張をすることができるし、みんなで決めることで、決めたことを守ろうという意識も生まれます。

 

これは夫婦だけでなく、子どもの「約束を守る」という責任感を育てることにつながります。

親だけで何かを決めるのではなく、自分も家族の一員として決めたという経験は、子どもにとってかけがえのない経験になります。

子どもの問題行動が起きたときでも、親からの一方的な指導ではなく、子どもの話を尊重して聞くことで、自分のこともちゃんと見てくれているという思いを抱くことができます。

また、家族全員で問題に向き合おうという意識を持てます。

トラブルを事前に回避することができる

一緒に暮らしていると、いいことばかりではなく、不満に思うことも出てきます。

なかなか言えずにため込んでいると、何かの拍子に爆発することも。

 

そうした危険を回避する意味でも、ふだんから気になっていることや、こうしてほしいということを話し合う機会になります。

 

洗濯物の洗い方や、家事の分担のような日常のことから、話をするときは携帯電話から顔をあげてほしいといった不満に思っていることまで、なんでもいいと思います。

また、お金に関することは、もめる原因になりやすいので、早めに話し合うといいかと思います。

我が家では、現在の収入や貯金のこと、お金の管理をどうするか、おこづかいはどう決めるかなど、隠し事なしでオープンにして話し合いました。

記録をすることで、言った言わないとならなくなる

話し合いをして決めたことでも、

「そうだったっけ?」

となることが割とあります。

でも、家族会議で話し合ったことを議事録として残すことで、言った言わないを回避できます

けっこう決めたことってあいまいになりますよね。

そうしたときに、ノートを確認することで、

「あっ。こうだったね。」と振り返れます。

あとで振り返るといい思い出になる

家族会議のノートを振り返るととても楽しいです!

「あの頃、こんなこと話しあったね」

と和やかな気持ちになります。

 

子どものいる家庭ですと、子どもの成長記録にもなりますね。

10年くらいしてから、子どもに見せるのもきっと楽しいです。

 

以前に、Twitterで”もひかん”さんの家族会議の議事録が話題になりましたね。

とても素敵な議事録で、こんな議事録が残っていると楽しいと思います。

気になる人は、ネットで検索すると出てくるので探してみてください。

 

家族会議にあたって意識していること

家族会議をせっかく行うなら、少しでも意味のあるものにしたいですよね。

我が家ではこういった点を意識して開いています。

 

①議題はあらかじめ用意しておくこと

②開始時間と終了時間の目安を決めておくこと(長くなりすぎないように)

③誰かが話しているときは、話をさえぎらずにきちんと聞くこと

④記録をして振り返れるようにすること(記録内容もその場で一緒に確認)

⑤議題から外れた内容は急ぎでなければ次回にすること

⑥議題はなんでもよし。話したいことがあれば小さい大きい関係なく提案

 

家族会議があまり長くなってくると、だらけた雰囲気にもなってくるので、議題を明確にして、時間を決めてメリハリをつけて行っています。

事前に、

「今日はこれを話そう」

と共有しておくことで、家族会議までになんとなく意見を考えておくこともできます。

 

相手の話をさえぎらないというのもとても重要です。

話している途中にさえぎられると、もういいやという気持ちになりがちです。

円満な会議にするためにも、まずは相手の話を聞く意識を持ちたいですね。

 

議題についても参加者に関係があるものならなんでもいいと思います。

我が家では、夫のおこづかいをいくらにするか、今年の旅行はどこに行って何をするか、実家に行くときの手土産についてなどいろんなことを話しています。

思い返すと、私の実家でも、家族会議をやっていました。

小学生の頃は、テレビ番組なにを優先してみるかを話し合うこともありましたね。

 

やり方は家族によってそれぞれとは思いますが、その家族にあったやり方で、うまくコミュニケーションをとっていければと思います。

 

合わせてどうぞ!
「結婚後のお金の管理のやり方を学ぶ!家計を制する者が家庭を制す?」
「夫のお小遣いはいくらが妥当?お小遣いの平均と我が家の決め方」