出産・育児

Toysub(トイサブ)でおもちゃレンタルしてみた!感想とおもちゃの内容を紹介!

子どもの育児にあわせていつも悩ましいのが子どものおもちゃ!

いろんな商品がでているけれどいったい何を買えばいいの?

今の子どもにはどのあたりがちょうどいい?

できれば成長に役に立つものがいいけれど探すのが大変。

おもちゃ選びにも悩みが尽きません。

正直、我が家も夫婦で意見も違うし、おもちゃ考えるだけで時間があっという間に過ぎていくし、買ったおもちゃで部屋は狭くなるし!

そんなときテレビで知ったのがおもちゃのレンタル!

これはいいのではと思い、調べたところ評判がいいのが、Toysub!(トイサブ)とキッズラボラトリー。

どちらにするか悩んだ末に、我が家はToysub!(トイサブ)を選んでみました。

実際に利用してみて思うのは、

Toysub!(トイサブ)使って大正解!!

もっと早くに利用すればよかったとちょろっと後悔も。

ここでは、実際にどんなおもちゃが届いたのか、どんな点が良かったのか、ここはこうした方がいいなと思ったことなどを紹介していきます。

Toysub!(トイサブ)のシステムを簡単に紹介

別記事で詳細は書いてあるので、ざっくりToysub!(トイサブ)のシステムを紹介します。

〇利用の契約をする(月払いと一年一括払いがあり)

〇2週間くらいしたらおもちゃが6個届く

〇2か月間、子どもにたくさん遊ばせる

〇2か月後、新しいおもちゃが届く

〇古いものは、最初に届いた段ボールに入れて送り返す(着払い伝票付き)

〇2か月したらまた新しいおもちゃが届く(以下エンドレス)

〇気に入ったものは買い取りも可(割引あり)

といった感じです。

年間一括払いだと10%割引でだいたい3万円ちょっとでした。

Toysub!(トイサブ)で届いたおもちゃたち!

さて、実際に届いたおもちゃを紹介したいと思います。

ここでは一番最初に届いた6個のおもちゃを紹介します。

なお、我が家の子どもは当時2歳2か月の女の子でした。

届いたのは下記の6個。

〇Care for Me Learning Carrier

〇わんわんのバイリンガルスマートフォン

〇ファンタジアブロックトレイン

〇くもんの磁石かんじ盤

〇おこめくんとママのおにぎりやさん

〇Pretty Party Playset

Care for Me Learning Carrier

子犬のお世話をするというコンセプトのおもちゃセットです。

子犬と子犬を入れるかご、哺乳瓶、ボール、子犬のエサ、くしなどが入っています。

Amazonや楽天市場で見つからなかったのでお値段はわからず。

ボタン押すと音声が流れるので、娘は子犬そっちのけでボタンばっかり押していました。

でも途中からは母性に目覚める年齢なのか、

「赤ちゃん!赤ちゃん!」

といってミルクあげたり、くしで子犬をとかしてあげたりとほほえましかったです。

わんわんのバイリンガルスマートフォン

スマートフォンっぽい電話のおもちゃです。

6つの中で一番お値段は安いのに娘は一番これが気に入っていました!

ボタンを押すと、押したボタンに合わせた音声が聞こえます。

バイリンガルと商品名にあるように、1のボタンを押すと、「イチ」、「ONE」と日本語と英語で返してくれます。

英語学習用のおもちゃもほしいと思っていたのでちょうどいい一品でした。

また、これを使ってから娘が数字を覚えてくれたのでかなり効果あり!

自分たちの声を録音・再生もできて、自分の声がおもちゃから出てくるのを不思議そうにする姿もとてもかわいかったです。

ファンタジアブロックトレイン

見てのとおり、列車と積木が合体したようなおもちゃです。

届いた中では評価はまあまあなおもちゃ。

うちのリビングがそんなに広くもなく、物が散乱しているせいなのですが……。

積木部分についてはとても楽しそうに遊んでいましたが、積むよりも破壊する方が楽しいお年頃。

積んでは崩してけたけた笑っていました。

くもんの磁石かんじ盤

これはちょっと残念なおもちゃでした。

おもちゃとしてはいいのですがまだ2歳2か月には早かった!

漢字どころかまだひらがながってところなので、これがひらがなのおもちゃだとよかったです。

ただ、動物や虫の名前はだいぶ憶えてきていたので、

「ちょうちょさんどれ?」「これー」

って感じに親子で遊ぶことはできました。

本来の使い方とはちょっと違いますが。

おこめくんとママのおにぎりやさん

これはかなり気に入っていました。

ちょうど娘におにぎりブームがきていたので嬉しそうに手に持って走り回っていました。

パパとママにも、

「はい。どーぞ!」

といって何度も手渡していました。

一応、絵本がついているのですが、こちらは3回くらい読んだだけで読まなくなり、そこまではまりはしなかったようです。

赤い梅干し部分は、娘にとって投げる対象になってしまい、投げては笑い、パパが拾いに行き、投げては笑いを繰り返していました。

Pretty Party Playset

お茶とケーキがついたお茶会セットです。

電源を入れてコップやティーポットを持ち上げたり下ろしたりすると音声が流れるタイプです!

最近のおもちゃに多いのか、これも英語の音声が流れるので、小さいうちから英語になじませたい人にはいいおもちゃかなと思います。

娘はこのおもちゃを出すと、かならずパパかママを横に座らせて、コップにお茶をそそいでくれます。

ティーポットの下にスイッチがあり、そこを押す回数で音声や音楽が流れるので、何度も音楽を流してはそれに合わせて踊っている姿もかわいかったです。

Toysub!(トイサブ)を利用した感想

おもちゃはおおむね良い!

さて、毎回6個程度のおもちゃが届きますが、実感としておもちゃの内容は良い!

初回は6個中1個はあまり子どもの関心を惹きませんでしたが(くもんの漢字のおもちゃ)、それ以外はかなり時間をかけて遊んでくれました。

特にワンワンの携帯電話は、それさえ渡しておけば30分~1時間程度大人しくなってくれたので助かりました!

自分で選んだおもちゃでも、すぐに興味をなくしたり、まったく遊んでくれなかったこともあったので、それを考えるとかなり良かったかなと思います。

持っているおもちゃとかぶることは少ない

Toysub!(トイサブ)のいい点の一つは事前アンケートがあるところ。

おもちゃが来る前に、自宅で持っているおもちゃをネットから申請することができます。

選択するジャンルとして10数項目あって、持っているものにチェックして送信すると、持っていないジャンルのおもちゃを選んでくれます。

男の子か女の子、年齢なんかも記入するので、だいたいちょうどいい内容のおもちゃがくるという寸法です。

持っているおもちゃばっかり届いたら意味がないですもんね。

ふだんと違うおもちゃで興味の幅も広がる

上記とかぶるところもありますが、なんとなく親が買うおもちゃってその人の傾向が出てきます。

だから、Toysub!(トイサブ)で届いたおもちゃって、ふだん自分だったら選ばないようなおもちゃもあってそれがまたいい!

子どもには幅広くいろんなものを体験してほしいと思っていたのでこの点は大きなポイントでした。

親がおもちゃを選ぶ苦労が減る

おもちゃ選びって楽しい反面、割と時間も取られるし重労働でした。

しかし、Toysub!(トイサブ)を始めてからはかなりその工程がなくなったので、

「そろそろ新しいのがいるかな?」

「でも何がこの子にあうんだろう……」

といった悩みから解放され、空いた時間別のことに費やせる!

これは利用した中でもかなりいいポイントでした。

向こうも商売なので、下手なおもちゃを送れないというのもあるんでしょうね。

そこまで不満に思うこともなく今も利用させてもらっています。

返却するので場所をとらなくていい!

買ったおもちゃは捨てるまで家に居続けます!

これがかなり部屋を圧迫!

Toysub!(トイサブ)を始めるまでは自分たちで買っていたので、もう遊ばなくなったおもちゃたちがけっこう山となっていました。

これが二人目三人目と次の子たちがいるならまたいいのかもしれません。

でもそうじゃないともう邪魔なものですよね。

友人にあげるにしてもちょっと使用感がばっちり残っているものは……。

そういった面でも、使い終わって返却できるっていうのはいいところだと思います。

 

レンタルだと現物が残らないからもったいないという人もいます。

私も最初はそう思っていたのでじゃっかんToysub!(トイサブ)に及び腰でした。

でも、よく我が家を見てみると、使わなくなったおもちゃたちって結局もう一回使うことってないんですよね。

返却すると思えば割り切ってその期間しっかり遊ばせようと思います。

総合的にToysub!(トイサブ)は良かった!

さて、実際にやってみた実感として、Toysub!(トイサブ)はやって良かった!

上記してきたように、

〇(ある程度)子どもにあったおもちゃが届く

〇知育によいおもちゃが多い

〇おもちゃを選ぶ苦労がなくなる

〇返却するので使わなくなったおもちゃに場所を取られない

〇ふだん買わないおもちゃもあって新鮮

〇子どもが届くのを楽しみにしているのがわかる!

などたくさん出てきます。

Toysub!以外だと調べてみた限りやはり『キッズラボラトリー』がいいかなと思います。

毎月おもちゃが届いて、気に入らなかったものは返品もできる。

お試しプランもあるので、迷っているけど試してみたいという人にはこちらの方がおすすめですね。

 

子どもに、よりよいおもちゃに触れさせることが、その子の成長に大きく影響します。

そうした機会の積み重ねでたくさんのことを学んでいきます。

そしてそれはゴールデンエイジと呼ばれる小さいときにこそ、より意味があることです。

我が家のように長く続けなくても、迷っているなら最初の1回分だけ試しに行ってみる価値はあると感じます。

親のためにもなるシステムですが、なにより子どものために検討してみるといいかと思います。

Toysub!公式ホームページ

「おもちゃコンシェルジュ」が個別プランニング【キッズ・ラボラトリー】