育児本

「パパのちょっととママのちょっとはちょっと違うのです」byヨチヨチ父

『ヨチヨチ父ーとまどう日々ー』 ヨシタケシンスケ著

 

父親目線の育児書です。
著者はヨシタケシンスケさんという絵本作家・イラストレーター。
1973年生まれの二児の父親です。

元々は、『月刊 赤ちゃんとママ』に連載されていたイラストエッセイを描き下ろしを加えてまとめた本だそうです。

 

著者が初めて父親になってからのとまどいや苦労、喜び、楽しみがイラストと文字で分かりやすく描かれています。

 

 

私がこの本を手に取ったきっかけは、8か月の赤ちゃんを抱えた友人とのランチです。
友人から、母親になる人にも父親になる人にもおすすめの本と言われて書店に寄ってみました。

 

子どもが生まれる前よりもずっとたくましくなった友人を見て、

「母親になるってすごいな。」

と率直に思いました。

 

本の帯にもあるように、

「パパは共感。ママは落胆。」

かもしれません。

 

ママとしてはもっとしっかりしたパパであってほしいけれど、初めてのパパだって分からないことだらけ、とまどいだらけ、大変なことだらけ。

 

「もっとしっかりして!」

と思う気持ちは当然ながら、

「パパもとまどってるんだ。」

とこの本を読んで少し理解して挙げられるといいのかもしれません。

 

 

最初のページの、『最初の願い』という章の

「「父として最初に我が子に望むこと。」それは、「早く首が座ってほしい」です。」

でさっそくにやりとさせていただきました。

 

友人の言う通り、母親になる人にも、父親になる人にも一読してほしい一冊です。
実際にいま育児に苦労している人にも、

「みんなもこうなんだな。」

と共感できる内容なのだと思います。

ヨチヨチ父 Amazonページへ