仕事

職場に遅刻をしたときの連絡の仕方。寝坊と言って大丈夫?

先日も書いたように、職場に遅刻しそうなときは職場に連絡をします。

連絡なしに遅刻するのは大きな問題になります。

 

では、どのように連絡をすればいいのでしょうか。

その際に気をつけたいことを考えていきましょう。

 

連絡はどのようにしたらいいか

原則は電話でする

働いている友人たちとたまに会うと、いろんな後輩の話を聞きます。

 

その中で、遅刻をするのにメールで知らせてきた後輩がいたそうです。

一応文面は丁寧だったそうですが、メールで連絡するのは駄目です。

原則は電話!と思っておきましょう。

 

メールが駄目な理由

ではどうしてメールではいけないのか。

いくつか考えれらます。

〇遅刻する側からの一方的な連絡になる

〇受けた側が聞きたいことが聞けない

〇相手がメールに気づかない可能性がある

〇単純に失礼である

遅刻する側は、直接電話するのは気まずいかもしれません。

「怒られるよなー」

と思うと、電話をしたくないなって思いますよね。

でもそれは仕方ないことです。

遅刻が決まってしまったら素直に謝って怒られましょう。

 

必ず本人が連絡する

これは私の職場の後輩のことです。

遅刻ではなく、体調不良による休みたいとの連絡でした。

 

職場に電話がかかってきたので受けると、

「息子が体調を崩していて本日お休みをいただきたいのですが」

後輩ではなく後輩の母親から伝えられました

 

これもよくありませんね。

小学生や中学生が学校を休むときならわかりますが、すでに社会人です。

本人も問題ですが、親も自分で連絡をさせてほしかったです。

 

どうしても電話をする余力もないのであれば仕方ありません。

ですが、基本的に連絡は本人がすることにしましょう。

 

ちなみに、その電話の際に、後輩に電話はかわれるかと尋ねると、母親はふつうに後輩へとかわっていました。

電話に出れるのであれば最初から自分で電話をしてほしかったです。

 

連絡をするときなんて言えばいいか

伝えるべきこと

遅刻の連絡をするとき、

「なんて言えばいいんだろう」

と考えてしまいます。

 

連絡の際は、まず伝えるべき必要なことを頭に思い浮かべてから電話をかけましょう。

まずは最低限下記の内容は伝えた方がよいでしょう。

〇遅刻をしてしまいそうであること

〇どれくらい遅れそうであるか

〇現在、どこにいてどういう状況か

〇遅れることで支障のある仕事について

〇仕事で対処しなければいけないことがあればその内容

 

一番問題なのは、自分が遅れることによってどのような迷惑がかかるかです。

仕事に支障がないようであれば、

「すみません!30分ほど遅れます」

ですみますが、代わりにしてもらわないと困るときは、きちんと伝えてフォローを頼みましょう。

 

遅刻をする理由はどうする?

私の職場では、

「体調不良で1時間遅れます」

といった連絡をする人がときどきいます。

 

一見問題なくも見えます。

でも、文字通り体調が悪くて遅れる人はどれくらいいるのでしょうか。

ほとんどの場合が寝坊です。

私の同僚が、1か月に3回同じような連絡をして上司に怒られていました。

その同僚はさすがに遅刻が多すぎましたが、下手な言い訳は、周りからの印象もよくありません。

 

まずは、理由を言わずに、遅刻することを伝えて謝罪をしましょう。

それだけで追及をされずに済むこともあります。

もし、理由を聞かれたらどうするか。

正直に理由を話しましょう!

 

下手な言い訳をするよりも、寝坊なら、

「すみません!寝坊しました!」

と正直にいった方がいいです。

 

もし、ごまかしたり嘘をついたりすると、追及されたときに嘘がばれることもあります。

上司も馬鹿ではないので、すぐに気づかれてしまいます。

多くの場合、遅刻一回くらいであればそこまで怒っていないので素直に謝るのがよいです。

 

まとめ

遅刻をしてしまったらどう連絡をするか。

〇原則として本人が電話で連絡をする

〇メールでの連絡はどうしようもないときだけ

〇いつ頃到着するかなど必要なことを伝える

〇理由を聞かれたら嘘をつかずに正直に話す

このあたりのことに注意をして連絡をしましょう。

 

連絡をしないというのはもってのほかです。

遅刻をしてしまったらなかったことにはできません。

ですので下手に言い訳を考えたり、ごまかしたりせずに対応しましょう。

 

先にも書きましたが、職場はそこまで大きな問題と捉えないことの方が多いと思います。

誠心誠意対応することが重要です。

例え遅刻したとしても、焦らずに行動していきましょう。