仕事

こんな後輩嫌だ!~うちの職場の困った後輩たち~

こんにちは。にょきパパです。

社会人になって早くも10年が過ぎりました。

多くの先輩の退職を見届け新たにフレッシュな後輩たちを迎え入れてきました。

 

でも、中には、

「なんだこいつ!」

というような後輩がときどき現れます。

 

みなさんもきっと経験があると思います。

 

そこで今回は、私の後輩もしくは別部署の後輩で、

「変わっているなー」

と思った相手を紹介していきます。

 

「そういう後輩うちにもいる!」

とか、

「それはうちに来なくてよかった」

と思いながら読んでいただけたらと思います。

パスタをゆでる男

これは私の直接の後輩ではなく、友人の部署に現れた新人の話です。

後輩Aとしておきます。

 

”パスタをゆでる男”

なんのこっちゃって感じですね。

 

※うちの職場は決して飲食業界ではありません。

 

友人の昼食は、だいたいいつもカップラーメンです。

昼休憩に入ると、事務室側の給湯室に行き、電気ポットからカップラーメンにお湯を注ぎます。

 

ある日、友人がいつもどおりお湯を注ぎに行くと、ポットの前に後輩Aがいました。

 

友人「Aもお湯待ちか。まだ沸騰していないの?」

後輩A「いや、ちょっと……」

 

歯切れの悪い後輩A。

友人「なんだよ。沸いてるじゃんか」

後輩A「あーもうちょっとなんで待ってください」

友人「?」

 

すると電気ポットのふたを開けて何かを取り出す後輩A。

もうおわかりですね。

後輩Aは、職場の電気ポットでパスタをゆでていました。

 

友人「ち、ちょっとA!お前なにやってんの?」

後輩A「いや、おれの昼飯なんですよ。」

友人「いやいや、ポットでゆでるやついないだろ」

後輩A「だってほかにゆでるところないじゃないですか」

 

当たり前ですが、後日、後輩Aのこの行為は禁止命令が出ました。

 

怒っている先輩よりも目の前のジュースが大切です

これは私の後輩Bです。

 

仕事上、後輩を持つと指導をすることが増えてきます。

私はあまりしかるのは好きではなく、優しく教えることが多い方です。

でも、周りに迷惑をかけるようなミスのときはきちんと指導するようにしています。

 

ある日、後輩の不注意からのミスが判明。

「ちゃんと確認してなかっただろう」

後輩B「はい。すみません。」

 

「こういうときは、こうしなきゃいけないよね」

後輩B「はい。わかりました。」

 

「じゃあこれはこっちで処理しとくから、こっちはやってね」

 

すると後輩Bおもむろに、机に置いてあったジュースに手を伸ばす。

ぐびっと一口飲んで、

後輩B「はい。わかりました。ありがとうございます」

 

えっ?そこでジュース飲むの!?

 

そこから私によるお説教タイムが始まったのは言うまでもありません。

彼は別の日に、指導を受けている途中にお菓子を食べるということもやらかしてます。

きっと無意識なんですね。

「私、それ知ってますがなにか?」

後輩を指導したり、仕事を教えたりするときに、こういう後輩が私は苦手です。

 

とにかく知ったかぶりをする!

 

「今度のCがやるこれなんだけどさ、やるときに……」

後輩C「あぁ。その件ですね。こうやるんですよね」

と先回りをしたり、

 

「ちょっとC。〇〇さんところに行くんだけどあと任せていい?」

後輩C「〇〇さんというと、××ですよね」

と、知っていますよアピールをしたり、

 

後輩C「先輩。この案件なんですが、こうでいいですか?」

「んー?いやこれはこっちにした方がいいでしょ」

後輩C「そうですよね。やっぱりこっちですよね」

と意見をひるがえして追従したり。

 

まず、先輩の話をぶった切って話そうとするところが好きではない。

本当に知っているならともかく、本当はわかっていないことが多い。

意見を否定されることを言われると、実は自分もそう思っていたと追従する。

 

大なり小なり、こういう部分を持った人っていますね。

後輩Cはこういう傾向がかなり強かったです。

 

「でも」と「だって」が大好きな後輩

謝罪ができない後輩もしくは、謝罪が苦手な後輩も増えているように感じます。

 

「先週頼んだ調書終わってる?今日までなんだけど」

後輩D「いやまだです」

「ちょっと大丈夫?間に合うかな」

後輩D「いや……。だって〇〇先輩からも仕事頼まれていたんです」

 

知らんがな……

という気持ちでいっぱいでした。

 

一言、

「すみません!終わってません!」

と言えば、

「じゃあこうしよう」

という話にもなるのですが。

 

また、仕事で失敗したときに、指導をすると、

「それ教わっていません!」

と平然という後輩もいます。

もちろん、仕事について先輩が教えることは大切ですが、教わってないと開き直るのは問題です。

仕事をするときに、言い訳はできるだけ避けた方がいいですね。

さっと謝ってしまったほうがスムーズに進むことが多いです。

終わりに

私がであってきた困った後輩たちを紹介してきました。

 

こんな後輩たちも2年、3年とたってくると立派な戦力になっているんですね。

最初のころを知っている分、成長ぶりがとてもうれしいです。

もし、

「自分にもこういうところがあるかも!」

と思った人は反面教師にしてもらえたらと思います。

 

「うちにもこういうのいるなぁ」

と思った人は、人は成長するものなので、長い目で見てあげてください。