仕事

職場で信頼される人になるためには?信頼されるための5つの方法

こんなことを思ったことはありませんか?

 

仕事で後輩に指導をすると、私よりも他の人に言われたときの方が素直に聞く。

上司に新しい提案をしたとき、他の先輩が言うとすんなり通る。

取引先の人が、私よりも先輩に会ったときの方が笑顔である。

 

私はこういう経験をしたことが何度もあります。

逆に、私自身も、

「〇〇先輩に言われたら素直に聞けるんだけどな」

と思ったこともあります。

 

では、私とその先輩とでは何が違ったのか。

それは相手からの信頼です。

 

仕事をする上で、なくてはならないものがこの信頼です。

 

信頼をされていると、意見をしたときに周りが聞いてくれます。

困っているときも手助けをしてくれます。

周囲の環境が良くなり、より仕事がしやすくなります。

 

では、信頼される人とはどんな人なのでしょうか。

信頼をされる人ってどんな人?

信頼される人とはどのような人でしょうか。

私が尊敬する周りの人を思い浮かべたときに感じることを並べていきます。

行動をする人

どんなに立派なことを言っていても、行動が伴っていない人は信頼されません。

逆に何も気の利いたことが言えなくても、行動で示して信頼を勝ち取っている人もいます。

 

仕事の場でも、普段はいい人でも、面倒な仕事を後輩に押しつけるようでは、

「この先輩なんか違うな」

と思ってしまいますよね。

周囲が面倒だなと思うことでも率先して取り組める姿があるとかっこいいなと思います。

周囲への配慮がある人

仕事は個人で行うこともありますが、チームプレイであることの方が多いと思います。

自分のことだけでなく、周りのことが見えている人は頼りになりますね。

 

そういう人は、悩んでいる人、迷っている人を見つけるのがとても上手です。

仕事で落ち込んでいるときに、すっと近寄ってきて、

「大丈夫か」

と声をかけてくれます。

調整が上手な人

これも配慮がある人に近いですが、集団で仕事をしているとどうしても意見の対立がでてきます。

職場の中で派閥ができてしまうと非常に仕事がしづらくなります。

そんなときに、どちらの意見もうまくまとめることができる人がいるんですね。

 

調整をするというのは、とても面倒なことですし、下手をするとどちらからも恨まれます。

そんな中でも、自分の意見を持ちながらも、お互いの意見を尊重して調整していける人は一目置かれています。

仕事ができる人

これは当然と言えば当然ですね。

仕事のことを良く知っていて、何を聞いてもぱっと答えられる。

そんな人がいたら、とても頼りになると思います。

 

仕事ができる人は、その分の努力をしています。

一つの仕事にしても、適当にこなしている人と、丁寧に取り組んでいた人とでは、大きな違いが出てきます。

私の職場でも、社内の規定をきちんと把握して自分で仕事をする人がいる一方で、

「これってどう決まっていたっけ?」

と毎回のように周囲に聞いている人もいます。

どちらが信頼できるかは言うまでもありません。

信頼される人になるためには

どうせなら職場で信頼を勝ち取りたいですね。

ではどうすれば周りからの信頼を得られるでしょうか。

上記の4つ以外に私でもできる簡単なことを挙げていきます。

他の人と仲良くなる

信頼されるための第一歩は仲良くなることでしょう。

別にプライベートで遊びに行けというわけではありません。

 

気軽に雑談ができる関係を持っているか。

一緒にいて気まずい空気にならないかどうか。

その程度でも十分です。

 

仕事の相談をするにしても、同じような人物でも、より仲のいい人の方が相談しやすいですよね。

みんなと和気あいあいと話している人の方が、他の人も声がかけやすくなります。

ですので、まずは自分から話しかけてみたり、距離を詰めていったりしてみましょう。

悪口や噂話をしない

職場の同僚で集まると、

「本当にあいつは……」

みたいな話をついしてしまうことがありますよね。

 

でも、信頼をできる人はあまりそういった話には乗ってきません。

当然自分からもそういった話をしません。

 

仕事をしない社員に対して、例え思うことがあったとしても、それを人前で口に出すことはしないんですね。

噂話もそうです。

「〇〇さんってこうらしいよー」

といつも話している人には信頼を寄せて相談することはできませんよね。

言ってしまいがちな悪口や噂話ですが、ぐっとこらえて言わないようにしていきましょう。

毎日元気よくあいさつ

笑顔であいさつをしている!

それだけでその人への見え方は変わってきます。

逆に朝からどんよりと眠たそうな雰囲気を出しながら、聞こえないようなあいさつをする人はちょっと声がかけづらいです。

元気なあいさつをしてもらうとこちらも元気になります。

ですので、自分があいさつで周りを明るくできる人を目指しましょう。 

どんな仕事でも嫌がらない

私自身、仕事をしていて、

「あの仕事は面倒だからしたくないな」

「こっちに回さないでほしいな」

と思うことがありました。

 

でも中には、どんな仕事を頼まれても、

「いいですよ!」

と嫌な顔をせずに受け止める人もいます。

 

そうすることで、周りも頼みやすくなるし、

「困ったときはこの人!」

って思ってもらえるようになります。

ただ、明らかに自分がやる仕事でないときは断った方がいいですね。

仕事の根拠をきちんと把握する

仕事をしていて、

「これって何でこういう風にやっているんだっけ?」

と疑問に思うことがあります。

 

先輩に聞いても、昔からそのやり方なんだという答えしか出てこないこともあります。

でも実際は、だいたいの仕事にきちんと根拠があるんですね。

私の職場でも、ほとんどの業務は社内規定であったり、受け継がれてきたマニュアルに残っています。

 

仕事自体は、根拠を知らなくてもできますが、根拠をきちんと把握していると、

「これってどうするの?」

と聞かれたときに、

「これは〇〇にこう書いてあるんでこうするんですよ」

と説明することができます。

 

その方が説得力も出ますし、丁寧な仕事をしているって印象を持ちますね。

 

終わりに

職場で信頼される人はどういう人か。

信頼されるためにはどうすればいいのかということを紹介してきました。

 

もちろん、職場によって環境も違うのですべてがこのとおりではありません。

あなたの周囲にいる信頼される人はどんな人なのか考えてみてください。

 

信頼を得ることで、仕事もやるやすくなりますし、周りの環境も良くなります。

まったく同じ行動はできないので、今回挙げた方法なども含めて、自分にあった行動を選んで実践してみましょう。