趣味

三線の種類と選び方。初心者が購入するときに考えるポイント

「三線を始めよう!」

 

そう思った人は、お店を探すか、ネットで探すかすると思います。

 

そのときにきっと悩みます。

 

「三線にもなんか種類あるんだけど」

「これってどれを選べばいいの?」

 

今回は、三線の種類とどれを選択すればいいのかを紹介していきます。

三線の種類

「三線は三線じゃないの?」

と私は最初思っていました。

 

でも、いざ購入しようと思うと、いろんな違いがあります。

 

厳密に種類の話をすると、

 

「~型の三線は……」

 

という固い話になるので、(私もよくわかりませんし)購入するときに気にするであろうポイントを。

 

 

高いか安いか!

胴に張る蛇皮は本物か人工か!

 

大きくこの2つのポイントになるのではないかと思います。

 

 

高いか安いか

三線の値段も物によって大きく開きがあります。

 

安いものだと1万円代から購入ができます。

高いものであと数十万円から3桁を超えるものまであります。

 

 

当たり前ですが、高い三線の方がいいものです。

 

長く三線を愛用していく決意があるのであれば、いくらか高いものを選んでもいいと思います。

 

私の場合、

 

「とりあえずやってみたいなー」

 

くらいの軽い気持ちで始めたので、3万円くらいの三線を選びました。

 

三線の価格の違いが一番出るのは、木の部分です。

棹(さお)に使われる木が良質のものかどうかで音質にも影響があります。

 

 

良質の木だと、数万円どころか数十万円する三線も珍しくありません。

初心者だといきなりそこに手を出すのは、勇気がいりますよね。

 

ただ、三線ショップのホームページなどを見ると、三線に使われる良質の黒木が手に入りづらい状況が続いているそうです。

三線にハマって、いざ高いのにしようと思ったときに品切れということもあるようですね。

 

 

胴に張る蛇皮は本物か人工か!

三線の丸い部分を胴と言いますが、そこに蛇皮が張られています。

 

これが、本物の蛇皮か人口のナイロンで作られたものかでぜんぜん違うものになります。

 

大きくは、本張り強化張り人工皮とあります。

 

一般的に、弾いたときの音の良さは、

本張り>強化張り>人工皮

となります。

 

そして値段もこの順番です。

 

本張りだと、本物の蛇の皮を使っている分、湿気に弱かったり、破けやすかったりします。

 

人工皮だと、ナイロン製のため、とても丈夫で、めったなことがなければ破けないし、湿気もそこまで気になりません。

 

強化張りはその中間だと思ってもらえればいいかと。

本物の蛇皮とナイロンを両方使って、破けにくくしています。

 

 

中には本物の蛇皮だと気持ち悪いという人もいると思います。

そうした人は人工のものでもいいと思います。

個人的には、本張りや強化張りの方がかっこいいなと思ってしまいます。

 

 

種類について、細かく言うのであれば、型によって少し形が違ったり、持ち方に違いがでたりということもあるので、本格的にやる人は、専門のホームページを見たり、実際にお店の人に話を聞いてみたほうがいいと思います。

 

私が初心者におすすめするのは

私がおすすめするとしたら、強化張りです。

 

ただ、今の時点でもうずっと長くやり続ける気持ちがあり、きちんとメンテナンスをするのであれば、本張りがいいと思います。

 

 

やはり、本物の皮はかっこいいからです!

 

はい。そればかりですね。

 

実際に、人工皮の三線を使わせてもらったこともありますが、音の深みは変わります。

 

見た目に関しては、意外とちゃんと見ないと人工だとわからなかったりします。

 

 

私の場合は、本物の皮を使ったものの方が、自分自身が愛して、大切に使えるという気持ちの部分が大きかったように思います。

 

また、本張りではなく、強化張りを選んだのは、丈夫だからという点も大きかったです。

 

 

どの楽器にしてもそうですが、三線の一部が破けたり、弦が切れたりすると、張り直すのが少し億劫になります。

そうした自分のめんどうくさがりな部分もあって、長く続けるにはこれかなと思い選びました。

 

 

そして初心者であればそこまで高いものでなくてもいいと思います。

 

購入して一年くらいして、

「もっと本格的にやりたい!」

と思ったときに、高くていいものに変えたほうがいいです。

 

 

私は、初心者用セットでだいたい3万円くらいのものにしました。

三線と、カラクイやウマといった消耗品をいくつか、三線の教本やチューナーがいろいろとセットになったものです。

 

初心者用セットで買ったほうが初めての人はやりやすいと思います。

セットにも組み合わせがものすごくたくさんあるので、ネットで買う場合は、いろんなサイトを比較して選んでみることをおすすめします。

まとめ

ざっくりとまとめると、

 

これから本格的にずっと三線をやり続ける人は、

高くていい三線!

 

とりあえず始めてみたいなーという人は、

ほどほどの値段の初心者セット!

 

でしょうか。

 

個人的には、どちらを選ぶにしても、三線を楽しんで長く使ってもらえると嬉しいです。

三線をAmazonで見たい人はこちらから