その他

「本を生かすも殺すもすべては自分次第」by読書は「アウトプット」が99%

『読書は「アウトプット」が99%』藤井孝一

 

読み方ひとつで仕事にも人生にも”決定的な差”がつく!

 

こんな一文からこの本は始まります。

昔から読書は好きでしたが、本の読み方というのはあまり考えたことがありませんでした。

そんなときにふと手に取ったのがこの本です。

本を読み終えてみて、私のこれまでの本の読み方がとてももったいなかったなと感じます。

 

『読書は「アウトプット」が99%』は下記の5つの章から構成されています。

 

1章 もっと「本の話」を誰かとしよう
2章 「速読」よりも「乱読」せよ!
3章 読書を最高の「自己投資」にする技術
4章 「お金を稼ぐ人」は、本をこう読む!
5章 私は、こんな本を読んできた

 

まず第1章からして普段の私にはない行動でした。

というのも、あまり周りに読書好きと呼べる人が少なく、

「本の話を人とする。」

という経験がほとんどなかったからです。

 

でもよく考えてみたら話そうと思えば話す機会はいくらでもあるのだなと気づきます。

人に読んだことを話そうと思いながら読書をすると、それだけで自身の本の読み方もとらえ方も変わってきて、記憶にも残りやすいです。

 

また、アウトプットと言っても話すだけを言うのではなく、本書の中では、

話す、書く、行動するの3つのことであると紹介しています。

 

自己啓発本を読んでも読んで満足するだけではあまり意味がありません。

いつも私には読んだ先の行動が足りていなかったと痛感させられます。

 

実行は、最強のアウトプットです。

本に出てきたノウハウの10%でも実行出来たら、上出来です。

 

とあるように、実際に行動することが本当に難しい。

されどそこを超えてこそ本を読む意味も、自身の成長もあるのでしょう。

 

人に話したり書くことで、自分の記憶にも残し、話した以上実践しなければという気持ちも湧き上がる。そこから行動へと移していけるといいなと思います。

 

 

本書では本の読み方や選び方読書メモの書き方にも言及をしており、私の合うもの合わないものはありますが、出来るところから始めてみます。

 

また5章の「私は、こんな本を読んできた」の中では、著者がこれまで読んできた中で、読者にお勧めする本を紹介しています。

「人間関係に役立つ編」「読んでおきたい古典編」などのテーマに分けて、合計で18冊。

私はそのうちの4冊しか読んだことがなく、他人の勧める書籍には、普段自分が触れない分野が多く含まれているのでこの機会に挑戦していこうと思います。

 

『読書は「アウトプット」が99%』のAmazonページへ