仕事

職場の飲み会に行きたくない!面倒な飲み会の断り方!

こんにちは。にょきパパです。

 

社会人になると職場の同僚や上司との飲み会が待っていますね。

 

特に新人や若手のうちは、先輩・上司に連れまわされるなんてこともよくあります。

私もよく先輩から

 

「このあと飲みに行くぞ!」

 

と言われ、そういうもんなのかと思って何も考えずに参加していました。

 

でも何度か参加しているうちに、

 

「正直めんどうくさい!」

 

という気持ちがわきあがってきました。

いや実際、めんどうくさいですよね。

先輩の自慢話や説教は聞いていてあまり楽しくないですから。

 

でも、先輩や上司に言われたら断れない。

人間関係もあるし、参加したほうがいいのでは……?

 

いいえそんなことないです。

嫌な飲み会は断っちゃいましょう。

飲み会は断ってもいい

 

はい。このとおりです。

嫌な飲み会は断って問題ありません。

まずはその大前提を知っておきましょう。

 

「飲み会も仕事のうちだ!」

という先輩もいます。

いえいえ、もう私の営業時間は終わっております。

それは仕事ではありません。

 

「そうは言っても断ると人間関係に影響が……」

 

確かにそういう面もあります。

飲み会をすることによって築かれる関係もありますし、断ることで付き合いが悪いと思われたりもします。

 

ただ、飲み会は出なければいけないものではない。

 

出るか出ないかの選択肢は自分にある

 

ということを知りましょう。

 

だってそれは個人の自由ですから。

誰からも強制されるものではありません。

 

いつまでも行きたくない飲み会に、

時間

お金

労力

を払い続ける必要はありません。
その時間があったらなにができるか。

飲み会に出す4,000円があればなにが買えるか。

その労力を使わなければどんな意欲がわいているか。

 

そう考えると、いかに嫌な飲み会が自分の貴重なものを奪っているかがわかります。

飲み会は自分が行きたいときに行くのが一番です。

どうやって断ればいいか

「そうは言ってもどうやって断ればいいの?」

 

これが難しい。

特に若いうちは断ることに抵抗があると思います。

 

昔に比べれば、

「俺の酒が飲めないのか!!」

なんて人は減ってきましたが、それでも自分の立場を考えると……。

 

 

以下は、ふだんの私の断り方です。

これを参考にしながら自分にあった断り方を考えていきましょう。

 

私の断り方は大きくわけて3つです。

予定があるといって欠席をする

これが一番ふつうの方法ですね。

自分なりに理由を考えて欠席をします。

 

私の場合、

「あーすみません。お誘いはうれしいんですけどちょっと先約(予定)が……」

「いやもうほんと申し訳ないです」

だいたいこれで文句は言われません。

「予定あるんじゃしょうがないか」と思ってくれます。

 

でもそのあとで、一人でラーメン屋から出てくるところを見られたりしたら大変なので、その日は見つからないように行動をしたほうがいいです。

 

理由をつけて断るときでも、

「本当は先輩と飲みたいんですよ!」

という雰囲気を出しておいたほうが後々には響きません。

 

ですので、

「うわぁ。今日ですか。今日じゃなければ行きたいのになぁ。」

というのも一つの方法です。

ただ、「じゃあ明日な。」なんて返されると断れなくなるので気をつけて。

正直に今日は飲みたくないという

ここまでド直球ではいいませんが、

「明日の仕事きついんで今日は勘弁してください」

「すみません。今日はもう疲れたんで寝させてください」

といった形で断ることはよくあります。

 

これはある程度、人間関係ができている先輩に対して使います。

もっと上の上司には、こういういい方はしづらいかなと思います。

 

一緒に働いている人だと仕事の大変さもわかるので、文句を言いつつも理解をしてくれます。

ふだんから飲み会はNGな雰囲気を出しておく

これは誘われたときではなく、ふだんの行動ですね。

 

そもそも私は飲み会は好きですがあまりお酒に強くありません。

 

新しい上司が転勤してきたり、自分が新しい部署にいくと、

「お酒は飲める人?」

と決まって聞かれるので、

「それが凄く弱くて……。強くなりたいんですけどね」

と答えています。

これを「飲み会好きですねー」なんて答えようものなら、上司からの誘いがあっという間にやってきます。

 

出なくてはいけない職場の飲み会に参加したときも、

「いやーお酒弱くてあまり飲めないんですよ」

ということをアピールしてます。

 

結婚をしてからは、家庭を理由にすることが多いです。

基本的に急な飲み会はNGという方向に持っていきます。

「今日の夜どう?」

なんて聞かれたら、

「行きたいんですけど、さすがに当日は厳しいっすよ」

といった形で断ります。

家庭の力は偉大ですね。

結婚をしてからは当日急に誘われるということはかなり減りました。

 

 

断れないときはどうするか

それでも、断れないときは出てきます。

また、断り続けるのもやはり人間関係に影響がありますよね。

 

どうしても飲み会に行かなければいけない。

そんなときは、

自分で企画する

気に入っている人の側で飲む

とにかく食べる!飲む!

 

自分で企画するのは割とおすすめです。

幹事自体はお店探しもあるのでめんどうくさく感じますが、自分が幹事をすることでメリットも多くあります。

幹事になれば、呼ぶメンバーをある程度操作できます。

自分の行きたい店で飲むことができます。

終わったあと参加者に感謝されます。

 

気に入っている人の側で飲むのも大切です。

少しでも楽しくその場を過ごせれば出た意味もあったかなと思えます。

逆に苦手な人や説教の多い人の正面にはならないように気をつけましょう。

 

それでもメンバーにも恵まれなかったら仕方ないです。

あとはよく飲んでよく食べましょう。

「今日は飲み食いしに来たんだ!」

と、しっかり元を取ってください。

ただしにらまれない程度に。

 

まとめ

一番最初にも書きましたが、

「飲み会は断ってもいい」

これが大前提です。

 

その上で、飲みに行くのも断るのも人それぞれです。

参加したときと参加しなかったとき、どちらが自分にとって有益かですね。

自分の現状に合わせて、一番最適な方法を選んでいきましょう。