小説

湊かなえさんから学ぶ『境遇』との向き合い方

人の生まれながらの”境遇”を選ぶことはできない。

それでも、どのような人生を送るかは自分で選ぶことができると思います。

 

 

湊かなえさんの『境遇』を読みました。

 

 

本書の著者である湊かなえさんの本は以前から好きで何冊か読まさせてもらいました。

 

『告白』『夜行観覧車』『贖罪』など、どれも印象深い本ばかりです。

 

この『境遇』も、人間の心やつながりを感じられるいい作品です。

『境遇』のあらすじ

政治家の妻であり、息子のために描いた絵本「あおぞらリボン」がベストセラーとなった高倉陽子と、新聞記者の相田晴美は親友同士。共に幼いころ親に捨てられ児童養護施設で育った過去を持つ。ある日、「息子を返してほしければ、真実を公表しろ」という脅迫状とともに、陽子の息子が誘拐された。「真実」とは一体何なのか。そして犯人は……。(湊かなえ『境遇』裏表紙より)

 

本書の裏表紙にはこのように書かれていました。

 

 

主人公は二人。

政治家の妻で、一児の母である高倉陽子と、新聞記者の相田晴美

 

 

二人は、同じように産まれてすぐに、児童養護施設に預けられますが、その後の人生はまったく違うものになります。

 

 

陽子は、物心がつかないうちに、とある夫婦に養子として引き取られます。

海外に行くためにパスポートを取りにいくまで、自分が養子だったことを知らずに育ちます。

 

養父母には申し訳ないという気持ちを持ちながらも、自分の親はどんな人だったのかと、養護施設のボランティアに参加しながら手掛かりを探していました。

 

図書館の司書として勤めているときに、将来、政治家で夫となる高倉正紀と出会い、正紀からのアプローチにより結婚をし、子どもを持つことになります。

 

 

晴美は、預けられた児童養護施設で18年間を過ごし、就職活動に苦労をしながらも、新聞記者となり、働きながら自身のルーツを探していました。

 

結婚はしておらず、妻を持つ男性との不倫をしていましたが、その男性が児童養護施設に対する偏見を持っていることを知り、関係を断つことにします。

 

 

二人が初めて出会ったのは、晴美が18年間育った施設で行われたイベントの時でした。

 

ボランティアで来ていた陽子を見て、晴美は当初、いい印象を持っていませんでした。

 

しかし、陽子が自分と同じように、児童養護施設に預けられた過去を持つことを知ってから距離が縮まり、親友になります。

 

 

本書では、タイトルの”境遇”という言葉が何度となく出てきます。

 

 

晴美が施設育ちを理由に、就職試験に何度も落とされていたとき……

陽子がプロポーズをされたが、政治家一族である正紀と自身の産まれを比較するとき……

 

それ以外にも、周囲の人間は二人の産まれという”境遇”に対して、偏見嘲笑憐憫などの感情を見せます。

 

二人が自身の境遇とどう向き合うのかという点もこの本の見どころだと感じました。

 

境遇によって人生は決まるのか

 

本書を読んで、”境遇”ということを考えさせられました。

 

本書の中では、”境遇”の意味合いとして、その人の産まれ育ちに比重が置かれているように感じました。

そう感じるとともに、自分の生い立ちや家族のことを思い起こします。

 

 

私の実家は、すごく裕福というわけではありませんが、両親がいて、兄弟がいて、全体的に仲のよい家族だと思います。

 

小学生や中学生の頃、今になって思い返すと、片親だった友人経済的に苦しい家庭に育った友人両親の仲があまりよくなかった友人がいました。

 

逆に凄くうらやましいなと思うような家庭に育った友人もいました。

 

 

では、私がそうした友人よりも”幸せ”だったのか。”不幸”だったのか。

 

そう聞かれると、正直わかりません。

 

 

当時の私にももちろん、自分なりの悩みや苦しみもありましたし、楽しい、幸せと感じることもありました。

同様に、友人たちも大変だと思うことがありながらも、私たちと楽しく学校生活を送っていました。

 

 

 

あれから20年以上がたって、お互いに社会人になり、家庭を持っています。

そうしてみると、当時感じていた差異は今では気にならなくなります。

 

 

 

また、私は比較的、未成年の人との交流がある立場にあります。

 

いろいろな親といろいろな家庭を見てきました。

 

子どもたちは自分の”境遇”を選ぶことはできない。

 

でも、たとえ周りから見て、

「大変そうだな」

という家庭に育った子どもでも、本人がそう感じているかは別物です。

 

逆に凄く恵まれているように見える子どもでも、

「私は不幸だ」

と周囲に対する不満を持っていることもあります。

 

本人が生きてきた中で、何を感じ、何を思うか、何を選んできたか次第なのだと感じます。

 

境遇を乗り越えていけ

本書の解説を、当時、朝日放送プロデューサー飯田新氏が書いていました。

 

飯田氏は解説の中で、『境遇』が映画化されたときの湊かなえさんのコメントを紹介していました。

 

人は生まれた環境でその後の人生が決まるのではなく、人生は自分で作っていけるのだというメッセージを込めたい(湊かなえ『境遇』の解説より)

 

本当にこのコメントの通りだと感じます。

 

生きているといろいろなことを感じます。

 

周りと比較して沈んでしまったり。

自分よりも優れた人に嫉妬をしたり。

苦労せずに成功をしている人を見て不公平だと感じたり。

 

自身の感情をコントロールすることはとても難しいです。

 

それでも、他人と比較するのではない。

今の自分をどうすれば変えていけるのか。

自分がどうしていきたいのか。

 

そう考えて決意して、行動するところに、”境遇”を乗り越えていけるきっかけがあるのだと感じます。

 

終わりに

本書に限らず、湊かなえさんの作品にはメッセージ性の強いものが多いように感じます。

 

この『境遇』もそうした作品の一つです。

 

”境遇”自分を追い込んでしまう人もいれば、逆にそれをばねに力に変えていける人もいます。

 

本書を読むことで、多くの人が、自身の現状や境遇を改めて振り返り、この先の人生に繋げていけることができるといいなと思います。

まずは自分自身からですね。

周りと比較して余計なことを考えてしまう自身の意識変革からしていきたいです。

『境遇』のAmazonページへ