その他

筋トレをする前に筋肉を知ろう!『筋肉まるわかり大事典』から学ぶ

「身体を鍛えたい!」

 

男たるものそうした願望を持っていることでしょう。

 

それは健康のためからもしれません。

女性に好まれたいからかもしれません。

 

 

どういった理由であるにせよ、引き締まった身体に憧れるものです。

 

今の自分の身体を思い浮かべてください。

私の場合……

ぽてっと出たお腹。

奥底に筋肉はあるようなないような……

でもその手前の分厚い脂肪に隠れて姿はまるで見えません。

 

足も数年前に履いていたズボンがきつくなってきています。

太ももってこんなに太いものだっただろうか。

 

これが引き締まった身体になったらどんなに自分に自信が持てることだろうか!

 

腹筋ばりばりのお腹になれば、

「ぱぱかっこいい!」

と妻からも娘からも絶賛されること間違いなしです!

 

実際に、トレーニングジムに通ったり、家で筋トレをしているという人も多いと思います。

私も最近は、家で筋トレをしたり、近所をジョギングしたりしています。

 

でもどうせ鍛えるなら、筋肉のことをきちんと知っておいた方が効率がよいと思いませんか。

 

自分の今の身体を知り、どんなりたいのかを考え、筋肉を鍛える方法を知って実践する。

 

そのためにおすすめの本がこちらです!

 

『石井直方の筋肉まるわかり大事典』

 

もう名前からして筋肉のことがよくわかりそうですよね。

 

『筋肉まるわかり大事典』が気になる人はAmazonページへ

この本を読んだきっかけ

この本を読んだきっかけは職場の先輩です。

 

その先輩は、週に二日、仕事終わりにジムに通っています。

 

身体もしっかりと引き締まり、年齢も私より一回り上なのに、むしろ私より下に見えるくらいに若々しい姿をしています。

身体が若いからなのか、考え方も行動も柔軟性があって積極的です。

 

私もそんな先輩のようになりたいと思い筋トレをしたり、走ったりするようになりました。

でもなかなか成果が出ない。

 

すると先輩から、

 

「ちゃんと筋肉のこと知ってからじゃないともったいないよ」

 

と言われ、この『石井直方の筋肉まるわかり大事典』を紹介されました。

 

どんなことが書いてある本なのか

筋肉について、ためになることからどうでもいいことまで書いてあります。

 

単純に身体を鍛えるために役に立つこともたくさんあります。

でも、いったい何の役に立つのだろうという知識もあってそこが面白いです。

 

いくつかタイトルだけ紹介します。

筋肉についての基礎知識として、

〇どうすれば筋肉はつよくなる?

〇超回復ってなに?

〇1年でつけられる筋肉は何kg?

〇日本人が発達させやすい筋肉は?

といったものがありました。

この基礎知識の項目だけでも、読んでおくと意識できることが多いと感じます。

 

トレーニングについても、

〇筋肥大にもっとも適した負荷は?

〇スクワットで複合的に鍛えられる筋肉は?

〇腹筋を効率的に鍛えるには?

懸垂とロウイングマシン、効果は違う?

といった内容がありました。

 

これ以外にも、様々なトレーニングの方法や、食事法や栄養素といったことについても書かれています。

 

すべてが役に立つわけではありませんが、これを読むことで、

 

「このトレーニングにこういう効果があるんだ」

「ここでこう工夫した方が効果が上がる」

 

ということが意識できるだけで大きな違いがあると思います。

 

読んだあとは実践が大事

こうして筋肉に特化した本を読んでみましたが、大事なのはここからですよね。

読んで満足してしまっては自分の身体は何も変わりません。

 

今回読んだ内容を生かした上で、これからのトレーニングを行っていきたいと思います。

 

私の場合は、かなり運動をさぼっていたこともあり、現時点であまり筋肉がありません。

 

ですので、自重トレーニングといって、自分の体重を使ったトレーニングを中心に最初は行っていきます。

つまり普通の腕立て伏せやスクワットですね。

 

でもそれも、50回から60回をできるようになると、それだけではそれ以上、大きく筋肉を増やすことが難しくなるそうです。

そうしたときにはスロートレーニングという方法があるそうです。

 

腕立て伏せやスクワットをゆっくりと時間をかけて上げ下げすることで、より重たい負荷をかけるというものです。

まずは、読んで学んだことを一つでも行っていこうと思います。

 

終わりに

この本自体は、トレーニング方法に特化した本ではなく、筋肉やトレーニングについての知識を取り入れるためのものといった印象です。

 

より具体的なトレーニング方法などは、そういった本を読んだり、ジムで教えてもらったりした方がいいと思います。

でも、この本に書いてある知識があるとないとでは、トレーニングに向き合う姿勢も変わります。

普段の行動も意識的なものになります。

 

トレーニングも戦略的に。

身体を鍛えようという人の一助になる一冊であると思います。

 

『筋肉まるわかり大事典』に興味がある人はAmazonページへ