kindle

5種類のkindleを比較!どれを選ぶか。おすすめのkindleはこれ!

私が電子書籍リーダーであるkindleを購入しようと考えたとき、

「kindleって一つじゃないの?」

と驚かされました!

 

kindleの本体には、現時点(2018.9)で5種類もあります。

「えっ!どれを買えばいいの?」

と思いますよね。

 

私の一押しは、『kindle paperwhite』

 

その理由も含めて、5つのkindleを比較していきます。

 

kindleの性能を比較しよう!

kindleの本体は5種類ある!

kindleの本体には、5種類あります。

〇kindle

〇kindle paperwhite

〇kindle paperwhite マンガモデル

〇kindle voyage

〇kindle  oasis

の5つです。

一番上のkindleが一番安く、下のkindleoasisが一番高くて高機能です。

 

値段は、

kindle(7,980円~)

kindle paperwhite(13,280円~)

kindle paperwhite マンガモデル(15,280円~)

kindle voyage(23,980円~)

kindle oasis(29,980円~)

となります。

 

なお、現時点(2018.9)で、kindle voyageは、Amazonで在庫なしとして扱われています。

生産が中止されているのかもしれませんね。

 

続いて5種類の性能についてです。

kindleから順番に、どのような性能が追加されていったのかという形で紹介します。

kindle

一番安くて性能もシンプルなのが無印kindleです。

 

無印kindleの性能を箇条書きにすると、

〇ストレージが4GB

〇解像度167ppi

〇バッテリーは一日30分使用で数週間持つ

〇wi-Fiで接続

〇重さが161g

〇サイズ6インチ(160 x 115 x 9.1 mm )

といった形になります。

このストレージというのが、本の入る容量になります。

Amazon公式ページでは、4GBで一般の図書数千冊が入るとしています。

 

無印kindleの一番の売りは、とにかく安いこと!

7,980円~の販売ですが、セール期間になると、更に2,000円安くなることもあります。

 

そして161gと、とても軽い!

電車の中などで長時間読んでもそこまで苦にならないと思います。

 

しかし、一番安いだけあって、他のkindleに比べて劣っている点があります。

バックライト機能がないこと!です。

これがあるとないとでは雲泥の差です!

 

私がkindlepaperwhiteマンガモデルを使っていて、すごく助かっていると思うのが、このバックライト機能です。

暗いところでも読めるっていうのはとても大切なポイントでした。

バックライト機能がないのは、無印kindleだけなので、それ以外を購入した方がいいとは思います。

 

もう一つの劣っている点は、解像度が低いことです。

しかし、これは一般の小説を読む分にはそこまで気にならないと思います。

マンガや図が多い本を読むのには少し違和感があるかもしれません。

 

〇バックライトがなくても困らない人

〇とりあえず、電子書籍リーダーを試してみたい

という人は購入をしてもいいかもしれません。

 

kindle paperwhite

このkindle paperwhiteからバックライト機能がつきます!

 

これがとにかく素晴らしい!

これのおかげで、みんなが寝たあとの布団でもこっそりと本を読むことができます。

暗い部屋のなかでも部屋の電気がついてなくてもぜんぜん気にならない!

 

私がkindleを購入した理由の一つはこのバックライト機能でした。

実際に使ってみて想像以上にいい機能です。

購入する場合、バックライト機能がついているモデルを検討した方がいいと思います。

 

また、バックライト機能がついたことで、明るさを10段階で操作することができるようになりました。

解像度も、167ppiから300ppiへと向上しています。

これ以降のモデルはすべて300ppiです。

 

重さは、機能が増えた分、44g重くなって205gとなります。

 

無印kindleに比べると、値段は上がりますが、バックライト機能がついていて、解像度も良くなっているので、圧倒的にこちらの方が使いやすいです。

 

kindle paperwhite マンガモデル

私が使っているのがこの『kindle paperwhiteマンガモデル』です。

 

性能は、kindle paperwhiteとまったく同じです。

違う点は一つだけ!

ストレージが4GBから32GBに大幅に増加!

実に8倍も収納できる本の容量が増えています!

 

これだけあればどれだけ本を購入しても困ることはありません。

公式ページでは、マンガで700冊入るとされています。

 

マンガは一般図書に比べてかなり容量が大きいです。

ですので、マンガをよく購入する人には、kindleやkindle paperwhiteでは物足りなくなる可能性があります。

それ以外の機能として、

〇快速ページターン、連続ページターンでマンガをめくるスピードアップ!

〇ピンチ&ズーム機能で細かいところも読みやすく

〇見開きフルスクリーンビューでページがまたがるところも読める

というものがあります。

 

実際に使ってみて、マンガを読むうえでかなり有用なアイテムです。

マンガを何冊も持ち歩くのは大変ですし、新刊がでる度に本棚を圧迫するのは一般図書の比ではないですからね。

使ってみて欠点もありましたが、それを上回る使いやすさで大満足しています!

 

こちらのページに、私が使ってみての感想があるので良ければ参考に読んでみてください。

『kindleのメリットとデメリット!電子書籍は本当におすすめか?』

 

 

kindle voyage

現在(2018.9)、Amazonの方では、在庫なしとなっています。

生産が中止されたのか、新モデルが出るのかははっきりとしていません。

ですので、手に入れることができるのかわかりませんが、性能を紹介していきます。

 

上記のkindle paperwhiteから向上した点としては、

〇薄く軽くなったこと(厚さが1.5mm薄く、重さが25g軽くなる)

〇バックライトのLEDライトが4つから6つに増えた

〇明るさ自動調整機能が追加された

〇ページめくりボタンがついた

となります。

正直、そこまで魅力的な向上はしていないのかなと思います。

値段も23,980円と、ついに2万円を超えていますからね。

 

ページめくりボタンは他のkindleにもつけてくれないかなと思っています。

使ったことはないですが、便利そうですよね。

 

kindle oasis

さて、最後のkindleは、『kindle oasis』です。

このkindleはとても欲しい!

でも高くて購入する勇気が持てない逸品です!

 

値段が上がった分、kindle voyageよりもさらに性能がアップしています。

〇LEDライトが12個に!

〇バックライトではなくフロントライトで更に目に優しく

〇ディスプレイが7インチ(これまでは6インチ)

〇片手で持ちやすいグリップを採用

〇kindle paperwhiteよりも9g軽い

〇防水機能!!!!

こうして性能を書いているだけで、改めてkindle oasisがほしくなります!

 

更に、値段は上がりますが、oasisでは8GBと32GBの二種類から選ぶことができます。

マンガをたくさん読みたい人でもoasisを使うことができます。

 

片手で持てるグリップというのもすごく素敵です!

右手で持って、グリップについているボタンでページがめくれるのもすごくいい!

 

そして一番欲しいのが防水機能!!!

お風呂でも好きなだけ本が読めるなんてなんて幸せなことでしょうか。

雨の日でも濡れることを恐れなくていいとは。

 

とても欲しいです!

ただ高いのが難点で、私には手が出ない……。

でも性能としては本当に申し分がない!

読書家にとっての夢のアイテムと言っても過言ではないでしょう。

 

kindleのおすすめ順位!

さくっといきます!

私が思うkindleのおすすめ順位はこれです!

第1位 kindle paperwhite

第2位 kindle paperwhiteマンガモデル

第3位 kindle oasis

第4位 kindle(無印)

第5位 kindle voyage

私個人としては、マンガをたくさん購入するので、kindle paperwhiteマンガモデルです。

でも他の人に勧めるとしたら上記の順位になります。

 

kindle paperwhiteが性能と値段を考慮すると一押しです!

kindle(無印)だと安いけれども、kindle paperwhiteとの値段の差なら出してしまった方がいいでしょう。

 

購入をする前に

このページを読んでいる人の多くは、かなりkindleを購入したいという気持ちがあると思います。

 

でも、欲しい気持ちをすこーしだけ抑えて待ちましょう。

kindleを購入するのは、Amazonのセールを待ってからの方がお得だからです!

Amazonが定期的に行っているセールの中で、kindleやkindlefireなどのkindle製品を値引きしてくれています。

どうせ購入するのであれば、そうした機会を利用した方がいいと思います。

 

通常のセールでも数千円単位で安くなります。

私は例年7月頃にあるAmazonプライムデーで約6000円引きで購入しました。

その値引きしてもらった分で、付属品を購入しました。

意外と、カバーケースや充電アダプタも値段がするので、少しでもお得なタイミングを計りましょう。

みなさんもkindleを購入しましたら快適な読書生活を堪能してください。