行事・イベント

2020年(令和2年)の祝日一覧!オリンピック延期の影響はなし!

毎年、祝日がいつになるのか、何曜日になるのかはとても気になるところです。

2020年はオリンピックもあるため祝日も例年とは異なります。

※東京オリンピックは延期となりましたが、変更となった祝日は変更のまま。

ここでは、2020年(令和2年)の祝日を一覧にして紹介します。

2020年(令和2年)祝日一覧!

元日 1月1日(水)
成人の日 1月13日(月)1月の第2月曜日
建国記念日 2月11日(火)
天皇誕生日 2月23日(日)
振替休日 2月24日(月)
春分の日 3月20日(金)
昭和の日 4月29日(水)
憲法記念日 5月3日(日)
みどりの日 5月4日(月)
こどもの日 5月5日(火)
振替休日 5月6日(水)
海の日 7月23日(木)2020年のみ
スポーツの日 7月24日(金)2020年のみ
山の日 8月10日(月)2020年のみ
敬老の日 9月21日(月)9月の第3月曜日
秋分の日 9月22日(火)
文化の日 11月3日(火)
勤労感謝の日 11月23日(月)

2020年は、祝日は16日あります。

あわせて祝日と日曜日が重なった際の振替休日が2日あり、上記のようになります。

2020年はオリンピックにあわせて祝日の移動あり。

祝日一覧でわかるように祝日に例年と違う点があります。

それは、『海の日』、『スポーツの日』、『山の日』の3つの祝日です。

『海の日』はオリンピック開幕式の前日。

『スポーツの日』はオリンピック開幕式当日。

『山の日』はオリンピックの閉幕式当日。

となっており、国民全体でオリンピックを楽しめるようにという配慮です。

2020年から『体育の日』⇒『スポーツの日』へ

2020年からこれまで『体育の日』と呼ばれていた祝日が『スポーツの日』に名称が変わりました。

もともと『体育の日』は1964年に開催された東京オリンピックを由来としたものです。

2回目の東京オリンピックにあわせて、またより国民に意義が浸透しやすいようにと『スポーツの日』となりました。

2020年は祝日のない月が3つも!?

オリンピックの開催予定にあわせて祝日を移動したことや『天皇誕生日』の日付がかわったことにより、祝日のない月が2020年は多くなります。

『6月』、『10月』、『12月』

の3か月となります。

もともと祝日がなかった6月は例年通りですね。

6月にもなにか祝日があると嬉しいです。

10月はオリンピック開催にあわせて特措法により、『スポーツの日』が7月に移動となった影響です。

また、12月は平成までは天皇誕生日がありましたが、令和になり天皇誕生日が2月23日になったため、いつもと違うなと感じる人もいると思います。

おわりに

簡単ですが2020年の祝日を紹介してきました。

オリンピックが延期になったため、祝日を移動させた意味合いが果たされていませんが、特に変更はないようなので、今年はこのままの祝日になります。

再度変更となると、また法改正を行ったり、各種現場が混乱するのでそのままという判断は正しいでしょう。

いつもと違った祝日となりますが、せっかくなので連休となった7月や8月を各自で楽しんでいきましょう。